【桜井まり 濡れ場】映画『十年愛』で3人相手の濡れ場でおまんこガチ濡れ♡

濡れ場撮影で本当におまんこを濡らした桜井まり

夜の水商売を描いた漫画「女帝」や「夜王」を生み出した倉科遼原作の映画【十年愛】で桜井まりが過激な濡れ場を演じました♡

ストーリー

高校三年生の夏、サッカーに打ち込むサッカー部主将の高木弘也(末野卓磨)は優勝をかけたPKを外しひどく落ち込んでいた。そこで根本麻里(桜井まり)は高木に処女を捧げた。高校生活が終わり2人の付き合いは終わったが、数年後再び歌舞伎町にて”ホスト”と”風俗嬢”の関係として2人は再開した。
空白の数年間を性欲のままに過ごしてきた2人が出会い、汚れた体ながら十年越しの愛を育んでいくストーリー。


この撮影では3人の男性と濡れ場を演じた桜井まりさんですが、会見では「何日かに分けて撮影して、最終日には夕方から翌朝まで、3人を相手にして濡れ場撮影だったんでしたが、ずっと濡れっぱなしでした笑」と大胆発言も!!
そりゃ3人の男性とセックスしたくてもできないもどかしさから桜井まりさんだってムラムラしちゃいますよね♡
本編では本気で桜井まりさんがエッチしたくて仕方がないくらいムラムラしておまんこが濡れていることを想像してみてみてください♡
もっとエロい目で濡れ場を見れるはずですよ♡

【十年愛】でキャバ嬢姿で濡れ場に挑戦する桜井まり♡



桜井まりのグラビア動画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です