寂れた悲愴感の中に香る官能。。ノルウェー映画”A Somewhat Gentle Man”

熟年セックスがさらなる悲愴と官能を煽る。。♡

刑務所に服役すること12年。いつの間にか年を取っていた自分。実の息子も結婚し、驚くほどに月日は流れていた。そんな中でかつての相棒が、恩を忘れ、一人幸せに暮らしていることを知る。そんな中、持ちかけられた元相棒への復讐劇。。様々な国際映画祭で賞賛を浴びたノルウェー映画”A Somewhat Gentle Man”その中でのセックスシーンは、年をとった主人公の熟年セックス♡どこか悲しげで、日常にありがちな風景でのセックスは超官能♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です