【エマニュエル・ベアール 濡れ場】 映画でのワンシーン。これは激しすぎるSEX

薄暗いベッドで交わる海外セレブ・・・

芸名 エマニュエル・ベアール
本名 Emmanuelle Béhart-Hasson
生年月日 1963年8月14日(54)

エマニュエル・ベアールの生い立ち

1976年、映画『Demain les mômes』で女優デビュー。

1986年、映画『愛と宿命の泉 PARTⅡ 泉のマノン』にてセザール賞助演女優賞を受賞。

1987年、映画『天使とデート』でハリウッドデビュー。

1991年、映画『美しき諍い女』で濡れ場を演じる。

1995年、映画『フランスの女』でモスクワ国際映画祭女優賞を受賞。

1996年、映画『ミッション:インポッシブル』で9年ぶりにハリウッド復帰。

1999年、映画『見出された時-「失われた時を求めて」より-』にて女優賞を受賞。

2002年、映画『8人の女たち』で「ベルリン国際映画祭芸術貢献賞」・「ヨーロッパ映画賞女優賞」を受賞。

出演作品(映画・ドラマ)

【映画】
1983年、青い性 処女喪失
1984年、Interdit アンテルディ/禁じられた愛
1985年、優しく愛して
1986年、愛と宿命の泉 PARTⅡ 泉のマノン
1987年、天使とデート
1988年、エレベーターを降りて左
1989年、無秩序な少女
1991年、美しき諍い女
1991年、深夜カフェのピエール
1992年、愛を弾く女
1993年、小悪魔とキッス
1994年、愛の地獄
1995年、フランスの女
1995年、とまどい
1996年、ミッション:インポッシブル
1998年、ドン・ジュアン
1999年、見出された時-「失われた時を求めて」より-
1999年、ブッシュ・ド・ノエル
2000年、感傷的な運命
2001年、彼女たちの時間
2002年、デブラ・ウィンガーを探して
2002年、8人の女たち
2003年、Mの物語
2003年、かげろう
2003年、恍惚
2005年、三銃士 妖婦ミレディの陰謀
2005年、恋は足手まとい
2005年、美しき運命の傷痕
2006年、ボディクライム 誘惑する女
2006年、輝ける女たち
2008年、DISCO ディスコ
2008年、変態島
2010年、Lovers Again/ラヴァーズ・アゲイン
2011年、嫉妬
2014年、赤と黒の誘惑

エマニュエル・ベアールのパイパンマンコ丸見え濡れ場♡

最初のシーンでは黒いセクシーな水着姿で現れます♡
これだけでもスレンダーな体と大きなおっぱいがエロすぎます!!
そして次のシーンでは雨音の聞こえる中イケメン俳優とのセックスシーンへ。
エマニュエル・ベアールが振り返るシーンではおっぱいも丸見えで、さらにはパイパンマンコも見えちゃってます♡
なんで外人の体ってこんなにエロいんでしょうか・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です