吉永小百合 濡れ場|映画「天国の駅」で当時40才で演じたセックス!

日本を代表する大女優「吉永小百合」がお股広げて手マンされる♡

芸名 吉永小百合(よしながさゆり)
生年月日 1945年3月13日(73)
出身 東京都渋谷区
身長 155cm
血液型 O型


出演作品(映画)

【映画】
朝を呼ぶ口笛(1959年、松竹大船) – 刈谷美和子 役 ※デビュー作
まぼろし探偵 地底人襲来(1960年、新東宝) – 吉野さくら 役
拳銃無頼帖 電光石火の男(1960年、日活) – 節子役
霧笛が俺を呼んでいる(1960年、日活) – 浜崎ゆき子 役
拳銃無頼帖 不敵に笑う男(1960年、日活) – 壇則子 役
疾風小僧(1960年、日活) – 秀子役
すべてが狂ってる(1960年、日活) – 久保典子 役
ガラスの中の少女(1960年) – 主演・靖代 役
ー1988年、後藤久美子と吉田栄作でリメイクされる
美しき抵抗(1960年、日活) – 松波久美子 役
大出世物語(1961年、日活) – 高子 役
天使が俺を追い駈ける(1961年、日活) – 久美 役
花と娘と白い道(1961年、日活) – 主演・みや子 役
ろくでなし稼業(1961年、日活) – 浜田澄子 役
警察日記 ブタ箱は満員(1961年、日活) – 長女ヨシエ 役
早射ち野郎(1961年、日活) – 真山美佐 役
有難や節 あゝ有難や有難や(1961年、日活) – 守田洋子 役
青い芽の素顔(1961年、日活) – 主演・山中みどり 役
闇に流れる口笛(1961年、日活) – 柿崎咲子 役
この若さある限り(1961年、日活) – 河並亮子 役
俺は死なないぜ(1961年、日活) – 義妹弓子 役
闘いつづける男(1961年、日活) – 鞍馬涼子 役
太陽は狂ってる(1961年、日活) – 北条知里 役
あいつと私(1961年、日活) – 浅田ゆみ子 役
草を刈る娘(1961年、日活) – 主演・モヨ子 役
黒い傷あとのブルース(1961年、日活) – 小牧洋子 役
さようならの季節(1962年、日活) – 殿村幸子 役
上を向いて歩こう(1962年、日活) – 永井紀子 役
キューポラのある街(1962年、日活) – 石黒ジュン 役
激流に生きる男(1962年、日活) – さかえ 役
赤い蕾と白い花(1962年、日活) – 主演・岩淵とみ子 役
霧の夜の男(1962年、日活) – 深沢みき 役
星の瞳をもつ男(1962年、日活) – 品田冴子 役
あすの花嫁(1962年、日活) – 主演・汐崎百合子 役
若い人(1962年、日活) – 江波恵子 役
ー1977年、桜田淳子と小野寺昭でリメイクされる。
ひとりぼっちの二人だが(1962年、日活) – 田島ユキ 役
青い山脈(1963年、日活) – 主演・寺沢新子 役
いつでも夢を(1963年、日活) – 三原ひかる 役
泥だらけの純情(1963年、日活) – 横山真美 役
ー1977年、山口百恵と三浦友和でリメイクされる。
雨の中に消えて(1963年、日活) – 主演・川路あや子 役
俺の背中に陽が当る(1963年、日活) – 朝子 役
伊豆の踊子(1963年、日活) – 主演・薫、少女 役(二役)
ー1974年、山口百恵と三浦友和でリメイクされる。
若い東京の屋根の下(1963年、日活) – 主演・桑野蕗子 役
美しい暦(1963年、日活) – 主演・矢島貞子 役
波浮の港(1963年、日活) – 主演・明代 役
真白き富士の根(1963年、日活) – 磯村梓 役
光る海(1963年、日活) – 主演・石田美枝子 役
こんにちわ20才(1964年、日活) – 主演・石沢カナ子 役
こんにちは赤ちゃん(1964年、日活) – 主演・宇田川圭子 役
浅草の灯 踊子物語(1964年、日活) – 小杉麗子 役
潮騒(1964年、日活) – 主演・宮田初江 役
風と樹と空と(1964年、日活) – 主演・沢田多喜子 役
帰郷(1964年、日活) – 守屋伴子 役
愛と死をみつめて(1964年、日活) – 小島道子 役
うず潮(1964年、日活) – 主演・林フミ子 役
若草物語(1964年、日活) – 高村しずか 役
悲しき別れの歌(1965年、日活) – 主演・野村ゆり子 役
未成年 続・キューポラのある街(1965年、日活) – 主演・石黒ジュン 役
青春のお通り(1965年、日活) – 主演・南原桜子 役
明日は咲こう花咲こう(1965年、日活) – 主演・小日山ひろ子 役
父と娘の歌(1965年、日活) – 主演・卓紘子 役
四つの恋の物語(1965年、日活) – 三沢三也子 役
大空に乾杯(1966年、日活) – 主演・滝村ゆり子 役
青春のお通り 愛して泣いて突っ走れ(1966年、日活) – 主演・南原桜子 役
風車のある街(1966年、日活) – 主演・三浦まり子 役
私、違っているかしら(1966年、日活) – 主演・白石桂 役
愛と死の記録(1966年、日活) – 松井和江 役
白鳥(1966年、日活) – 小林麗子 役
青春の海(1967年、日活) – 主演・三宅杏子 役
恋のハイウェイ(1967年、日活) – 主演・梶若葉 役
君が青春のとき(1967年、日活) – 主演・木所香 役
斜陽のおもかげ(1967年、日活) – 主演・木田町子 役
君は恋人(1967年、日活) – 吉永百合 役
花の恋人たち(1968年、日活) – 主演・鑞山操 役
青春の風(1968年、日活) – 主演・楠本光子 役
だれの椅子?(1968年、日活) – 主演・沢村恵子 役
あゝひめゆりの塔(1968年、日活) – 主演・与那嶺和子 役
花ひらく娘たち(1969年、日活) – 主演・柿崎民子 役
嵐の勇者たち(1969年、日活) – 冬子 役
幕末(1970年、中村プロ) – お良役
風の慕情(1970年、松竹大船) – 主演・長谷由布子 役
青春大全集(1970年、松竹大船) – 主演・根本律子 役
戦争と人間 第二部・愛と悲しみの山河(1971年、日活) – 伍代順子 役
男はつらいよ 柴又慕情(1972年、松竹大船) – 歌子 役
戦争と人間 完結篇(1973年、日活) – 伍代順子 役
男はつらいよ 寅次郎恋やつれ(1974年、松竹大船) – 歌子 役
青春の門(1975年、東宝) – 伊吹タエ 役
新どぶ川学級(1976年、日活) – 須藤節子 役
若い人(1977年、東宝) – 鮎沢由紀 役
皇帝のいない八月(1978年、松竹) – 藤崎杏子 役
龍の子太郎(1979年、東映動画) – 太郎の母 役(声の出演)
衝動殺人 息子よ(1979年、松竹) – 柴田保子 役
動乱(1980年、東映) – 溝口薫 役
海峡(1982年、東宝) – 牧村多恵 役
細雪(1983年、東宝) – 蒔岡雪子 役
天国の駅 HEAVEN STATION(1984年、東映) – 主演・林葉かよ 役
おはん(1984年、東宝) – 主演・おはん 役
夢千代日記(1985年、東映) – 主演・夢千代(永井左千子) 役
玄海つれづれ節(1986年、東映) – 主演・山岡ゆき 役
映画女優(1987年、東宝) – 主演・田中絹代 役
つる -鶴-(1988年、東宝) – 主演・つる 役(通算100作目記念映画)
華の乱(1988年、東映) – 主演・与謝野晶子 役
外科室(1992年、松竹) – 主演・貴船伯爵夫人 役
天国の大罪(1992年、東映) – 主演・衣畑遼子 役
夢の女(1993年、松竹) – 主演・お浪(花魁楓) 役
女ざかり(1994年、松竹) – 主演・南弓子 役
霧の子午線(1996年、東映) – 主演・沢田八重 役
蓮如物語(1998年、東映アニメーション) – ナレーション
時雨の記(1998年、東映) – 主演・堀川多江 役
長崎ぶらぶら節(2000年、東映) – 主演・愛八(松尾サダ) 役
千年の恋 ひかる源氏物語(2001年、東映) – 主演・紫式部 役
風の舞 闇を拓く光の詩(2003年、映画「風の舞」全国上映実行委員会) – 詩の朗読
北の零年(2005年、東映) – 主演・小松原志乃 役
あした元気になーれ! 半分のさつまいも(2005年、「あした元気にな〜れ!」全国配給委員会) – 語り
母べえ(2008年、松竹) – 主演・野上佳代 役
まぼろしの邪馬台国(2008年、東映) – 主演・宮崎和子・卑弥呼 役(二役)
おとうと(2010年、松竹) – 主演・高野吟子 役
手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく-(2011年、東映/ワーナー・ブラザース) – ナレーション・チャプラの母 役(二役/声の出演)
北のカナリアたち(2012年、東映) – 主演・川島はる 役
BUDDHA2 手塚治虫のブッダ -終わりなき旅-(2014年、東映) – マーヤー天 役(声の出演)
ふしぎな岬の物語(2014年、東映) – 主演・柏木悦子 役(企画も兼任)
母と暮せば(2015年、松竹) – 主演・福原伸子 役
北の桜守(2018年3月10日公開、東映) – 主演・江蓮てつ 役
最高の人生の見つけ方(2019年、ワーナー・ブラザース映画) – 主演・北原幸枝 役(天海祐希とのW主演)


吉永小百合の濡れ場


映画「天国の駅」での濡れ場です♡
最初のシーンでは吉永小百合が白装束で登場し、男性から愛撫されていますが全く反応せずにマグロ対応。
服の中に手を入れて直接おっぱいを触っても無反応のまま。

全く性的行為をしても感じてくれない吉永小百合を見て男性は怒ってしまい首を締めてしまう!
しかし、それでも頑なに反応しない吉永小百合を見て今度はお股を開かせて手マンしちゃいます♡

「こんな人の愛撫で感じるのは嫌だ」
そう思う吉永小百合は手マンされても必死に感じないように我慢していますが、その我慢している顔がまたエロい!!

そして動画の後半のシーンでは吉永小百合ふがタオル1枚で登場しています♡
当時の年齢は40才で濡れ場を演じる女優としては遅めなような気もしますが、それでも大人の雰囲気溢れる姿には官能的なエロさを感じますね♡


女優の濡れ場をもっと見たい方はこちらから♪

女優の濡れ場

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください