女優 濡れ場|岩下志麻が着物を乱し酔った勢いで津川雅彦と興奮絶頂セックス

大物女優「岩下志麻」が着物姿で官能的な濡れ場を演じる♡

女優名岩下志麻(いわしたしま)
生年月日1941年1月3日(77)
出身東京都中央区
身長/体重165cm/48kg
血液型A型

出演作品(映画)

笛吹川(1960年、松竹)
秋日和(1960年、松竹)
乾いた湖(1960年、松竹)
浮気のすすめ 女の裏窓(1960年、松竹)
真昼の罠(1960年、松竹)
渦(1961年、松竹)
あの波の果てまで・前編(1961年4月、松竹) ※台湾でも上映
あの波の果てまで・後編(1961年6月、松竹)
あの波の果てまで・完結編(1961年11月、松竹)
女舞(1961年、松竹)
わが恋の旅路(1961年、松竹)
夕陽に赤い俺の顔(1961年、松竹)
好人好日(1961年、松竹)
京化粧(1961年、松竹)
切腹(1962年、松竹) ※第16回カンヌ国際映画祭審査員特別賞受賞作品
義士始末記(1962年、松竹)
山の讃歌 燃ゆる若者たち(1962年、松竹)
ちんじゃらじゃら物語(1962年、松竹)
秋刀魚の味(1962年、松竹)
千客万来(1962年、松竹)
この日美わし(1962年、松竹)
八十八夜の月 京子の初恋(1962年、松竹)
三人娘乾杯!(1962年、松竹)
学生芸者 恋と喧嘩(1962年、松竹)
歌え若人達(1963年、松竹)
古都(1963年、松竹) ※第36回アカデミー賞外国語映画賞本選ノミネート作品
風の視線(1963年、松竹)
あの人はいま(1963年、松竹)
花の咲く家(1963年、松竹) ※インドネシアロケが行われた。1993年の東海テレビの同名ドラマとは別作品
島育ち(1963年、松竹) ※田端義夫の同名ヒット曲の映画化
結婚式・結婚式(1963年、松竹)
死闘の伝説(1963年、松竹)
100万人の娘たち(1963年、松竹)
結婚の設計(1963年、松竹)
暗殺(1964年、松竹)
五瓣の椿(1964年、松竹)
道場破り(1964年、松竹)
駆逐艦雪風(1964年、松竹)
続・拝啓天皇陛下様(1964年、松竹)
馬鹿が戦車でやって来る(1964年、松竹)
いいかげん馬鹿(1964年、松竹)
寝言泥棒(1964年、松竹)
獣の剣(1965年、松竹)
大根と人参(1965年、松竹)
あねといもうと(1965年、松竹)
雪国(1965年、松竹) – 駒子
素敵な今晩わ(1965年、松竹)
処刑の島(1966年)
暖春(1966年、松竹 / ※ ビデオ化)
紀ノ川 花の巻 / 文緒の巻(1966年、松竹) ※ハワイでも上映された
春一番(1966年、松竹)
暖流(1966年、松竹) – 志摩啓子
命果てる日まで(1966年、松竹)
おはなはん・第1部(1966年7月、松竹) ※同名のNHK朝の連続テレビ小説の映画化
おはなはん・第2部(1966年10月、松竹)
あかね雲(1967年)
智恵子抄(1967年、松竹) ※第40回アカデミー賞外国語映画賞本選ノミネート作品
激流(1967年、松竹)
女の一生(1967年、松竹)
宴(1967年、松竹)
春日和(1967年、松竹)
祇園祭(1968年、日本映画復興協会/中村プロ/松竹)
爽春(1968年、松竹)
心中天網島(1969年) – おさん / 小春 役
でっかいでっかい野郎(1969年、松竹)
七つの顔の女(1969年、松竹) ※岩下が様々なコスプレに挑戦したコメディー映画
わが恋わが歌(1969年、松竹)
日も月も(1969年、松竹)
赤毛(1969年、東宝)
無頼漢(1970年、東宝 / にんじんくらぶ) – 三千歳
影の車(1970年、松竹)
その人は女教師(1970年、東宝)
誰かさんと誰かさんが全員集合!!(1970年、松竹) – マドンナ役
内海の輪(1971年、松竹) 
婉という女(1971年)
黒の斜面(1971年、松竹)
嫉妬(1971年、松竹)
沈黙 SILENCE(1971年、表現社 / マコインターナショナル) – 菊 / モニカ ※二役
その人は炎のように(1972年、東宝)
辻が花(1972年、松竹)
流れの譜 第1部・動乱(1974年、松竹)
桜の森の満開の下(1975年、東宝)
はなれ瞽女おりん(1977年)
鬼畜(1978年、松竹)
聖職の碑(1978年)
雲霧仁左衛門(1978年、松竹)
悪霊島(1981年)
この子の七つのお祝いに(1982年)
疑惑(1982年、松竹)
鬼龍院花子の生涯(1982年)
迷走地図(1983年、松竹)
北の螢(1984年、東映 / 俳優座映画放送) – 中村ゆう 
魔の刻(1985年)
極道の妻たち シリーズ 8(1986年 – 1998年)
近松門左衛門 鑓の権三(1986年、松竹) ※第36回ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作品
桜の樹の下で(1989年)
少年時代(1990年)
写楽(1995年)
鬼平犯科帳(1995年)
霧の子午線(1996年)
瀬戸内ムーンライト・セレナーデ(1997年、松竹 / オフィス・トゥ・ワン / フジテレビ)
お墓がない!(1998年)
梟の城(1999年)
スパイ・ゾルゲ(2003年) – 岩下自身が初めて監督を務めたメイキング映画『わが心の「スパイ・ゾルゲ」』も後に発表した。
あかね空(2007年、角川ヘラルド)

岩下志麻の濡れ場動画まとめ

岩下志麻がエロい着物姿で官能的なセックス

映画「桜の樹の下で」で岩下志麻が俳優の津川雅彦と着物姿でセックスする濡れ場♡

まずは着物を着た岩下志麻が現れるとスーツ姿の男性のもとへ近づいていきニコッと笑顔を浮かべると早速キス♡
しかもキスも軽いキスではなく、しっかりと舌を絡ませるような激しいキスとなっており、昔の日本映画だからこそキスの最中に舌の動きも映像に写しちゃっています!

そして男性の手が岩下志麻の着物の隙間に伸びていきゆっくりと着物の上からおっぱいを触り、そのまま床になだれ込む。
次のシーンでは酔った岩下志麻が男性に介抱されているシーンから。
さきほどと同じ男性が介抱していますが、泥酔した岩下志麻を見て我慢できずにキスをしてしまう。
すると酔っていたはずの岩下志麻もエロスイッチが入りキスをしながら自分の着物を脱いで行き、そのまま床に寝ると「きて?」と無言で合図するように男性を誘惑し、そのままその場でセックス♡

次のシーンでは浴衣姿ではなく裸でベッドの中でしっかりとセックスをしている濡れ場も見れますのでお楽しみください♡





女優の濡れ場をもっと見たい方はこちらから♪

女優・アイドルの濡れ場/ベッドシーン


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください